オーダーカーテン、輸入カーテン、インテリア、タッセル、トリミング、なら東京の株式会社ゲートウェイ・インターナショナルにお任せください。

コンセプト

小さな会社だからできること

株式会社ゲートウェイ・インターナショナルでは、世界のブランド生地の生産地である上海近郊の工場より中国法人を介して直接輸入することで、高品質で手頃な価格の生地を1m単位の小ロットで手に入れることができます。

25年間スタイルカーテンデザインの仕事に携わり、ひとりひとりのお客様のこだわりの実現のためにヨーロッパを足でまわって生地やトリミングを集めて来た経験を活かし、今度は上海拠点でその作業を行うことで、お値打ちな価格で納得のいくデザインが可能になりました。

タッセル・トリミング

タッセル・トリミングの役割

ファブリックの選定も大変重要ですが、タッセルはカーテンを束ねるだけでなく、生地の色柄を引き立たせ、お部屋にアクセントを加えて豊かな演出をするための重要な役割をします。既存のカーテンでも、こうした小物で上手に演出をすれば、お部屋の雰囲気もぐっと変わります。トリミングで一手間加えれば、さらに個性的な演出が可能です。

タッセル・トリミングの魅力

残念ながら日本では、「チャーム」と呼ばれるアクセサリーかヨーロッパの驚くほど高価な商品しか手に入りませんでした。
また小振りでシンプルな形状のものは探せば見つかりますが、窓の大きさや家具とのバランスという点で満足できませんでした。

私たちがご紹介するタッセル・トリミングは、生産量の半分がヨーロッパ、アメリカに輸出され、しかもオリジナル以外に各国ブランドのOEM生産をおこなっている会社の商品です。
仕事が細かく丁寧で丈夫であること、色彩が豊かであること、充分なボリュームがあること、そして何よりその価格に魅力があります。
例えば3窓あれば6本必要ですので、ヨーロッパ製品との差額を実感していただけます。

詳しくはこちら

カーテン

カーテンイメージ


良いスタイルデザインと適正な価格でカーテンを創る

ヨーロッパ、アメリカの1m数万円もする生地の多くは、ドイツやスイスから織機を中国、タイ、インドなどに持ち込んで生産をしていますので、相応の生地がアジアに存在していても不思議ではありません。ただし現地にはピンからキリまで存在することも事実です。私たちは商社ではなく、縫製から施工、デザインの仕上りまでを熟知した「目利き」ですので、膨大な種類の生地の中から価値のある素材だけを選ぶことができます。

そうして集めた素材をどう組み合わせてデザインをするかを、おひとりおひとりの「こだわり」を伺いながら作業をすすめていきます。結果、他社の半額でさらに良いものが買えました、という嬉しいお声も頂戴することができました。

詳しくはこちら

トピックス

現地事務所とのやりとり
2014/4/9東京と上海は、およそ1,800kmの距離があります。 インターネットが世界の距離を縮めているとはいえ、言語も違う中国の人たちとコミュニケーションをとるのは、いささか大変な部分もあります。ましてや商習慣も違うので「日本流」を無理に押し付けることは良い事ではありません。 そのなかで、QQというチャットサービスがFAXやメールに変わって彼らの合理的な仕事ぶりを支えています。私も在庫の確認や出荷の手配などを、このQQを使って行なっています。簡単な要件だけで、オンタイムに会話ができるのが何と言ってもFAXと違います。履歴も残りますし、ファイル送受信も可能です。端末も選びません。これならしつこく確認を入れても、彼らの気分を害する事は無いようです。続きを読む
10坪の小さな事務所
2014/2/20初めまして!ゲートウェイ・インターナショナルの三輪と申します。 株式会社ではありますが、本当にちいさな会社です。 ご覧のように、10坪の事務所に生地カタログ、サンプルと在庫のタッセル、トリミングがところ狭しと押し込められています。 でも、小さな会社だからできることってたくさんあると思います。 足でまわって、目で見て確認して、作り手と話をして、実際に自分で使ってみて。 立派な商社にも負けませんって自負しています。これから、どうぞよろしくお願いいたします!続きを読む